フランス7日目 シャンパーニュへ!

いよいよ、旅の主目的、シャンパーニュへ。


f:id:Megureca:20220623161926j:image

三年ぶりに、案内いただく、おじさまに再会!

いや、正確には、フランスでお会いするのが三年ぶり。彼は、フランスで長くお仕事をされて、引退されてからはワイン好きがこうじて、日本人向けに個人で案内をしていらっしゃる。

私が、初めてお会いしたのは三年前だけれど、日本に戻られた際には、一緒に食事をしたりしているので、ずーっと長いこと知り合いのような気がする。

パリで7:30にピックアップしていただき、一路、シャンパーニュ地方へ!車で2時間ちょっと。途中、ドラブインで、コーヒーとクロワッサンで朝御飯。

なんてことないけど、クロワッサン、焼きたてで美味しい。


f:id:Megureca:20220623175646j:image

 

 

最初の訪問は、ランスとエペルネの中間あたりにあるChamery村のメゾン。1962年設立、六代続くBonnet-Ponson。


f:id:Megureca:20220623173944j:image

初めて飲んだけど、なかなか美味しいメゾン。ドサージュ少なめ、あるいはノンドサージュで、きりっと。

4種類、試飲させてもらい、2012のブランドノワールを40€で購入。ドサージュ少なめ、酸がしっかり。ここは、ノンヴィンテージでも、48ヶ月の瓶内熟成だそうだ。それにしても、しょっぱなから買ってしまった。今回は、重くなるのが嫌なので、できるだけ飲んでしまおう。。。ランチ用に、ロゼも一本購入。


f:id:Megureca:20220623222209j:image

 

エペルネに向かう途中のパン屋でバゲット、クロワッサンをゲット。ケーキも美味しそうだった。


f:id:Megureca:20220623221434j:image

ランチは、ブドウ畑のあいまでピクニック。木陰は、ちょっとヒンヤリするくらい涼しい。


f:id:Megureca:20220623221055j:image


f:id:Megureca:20220623221134j:image

 

せっかく贅沢にManoir HENRI GIRAUDに泊まるので、早めにチェックイン。

welcome シャンパーニュ Esprit、美味しい!


f:id:Megureca:20220623221243j:image


f:id:Megureca:20220623222414j:image


f:id:Megureca:20220623221921j:image

メゾネットの立派なお部屋。満喫するぞーー!


f:id:Megureca:20220623222033j:image

 

16:30から、テイスティング。製造の現場も見せていただく。

3年前にはなかった、青い卵型!


f:id:Megureca:20220624053844j:image

こだわりの樽。


f:id:Megureca:20220624053917j:image

常に進化を続けるところが素晴らしい。

テイスティングと言いながら、おじさまが家族と仲良しなので、居酒屋HENRI GIRAUD状態で飲み。

 

テイスティングは、最初から、MV17。三年前より、2割位値上がりしている感じ?でも、美味しい!!日本でもお金を出せば買えるものなら、買っていかないぞ、、、と、思いつつも、、、、。

2杯目は、Esprit。安定の美味しさ。

3杯目は、Hommage。以前は、CODE NOIRと言う名前だったけど、NOIRと言う言葉に人種問題を感じる人もいると言うことで、変えたらしい。これまた、安心の美味しさ。さて、どれを買おうかと迷っていたら、MVのRoseを出して来てくれた!

美味しい!

香りの華やかさと、味わいの深さと、、、MV17のシャルドネ感とは、やっぱり違う!!

272€/本。

がっつり、買ってしまった。

どうやって持って帰るんだ?!?!

 

夢心地のまま、ディナーへ。


f:id:Megureca:20220624131558j:image


f:id:Megureca:20220624131615j:image
f:id:Megureca:20220624131626j:image
f:id:Megureca:20220624131637j:image

とにかく、よく食べた、飲んだ。

虹にまで、迎えていただき、HENRI GIRAUDの夜はふけていった。。


f:id:Megureca:20220624131806j:image

 

夢心地って、こういうことだなぁ。。。


f:id:Megureca:20220624131908j:image

ライトアップされた看板は、夜までここにいなければみることはできない。

贅沢して良かった!