『デューン 砂の惑星 [新訳版](中)』 by フランク・ハーバード

デューン 砂の惑星 [新訳版](中)
フランク・ハーバード
酒井昭伸 訳
早川書房 ハヤカワ文庫SF
2016年1月25日 発行
2021年10月25日 5刷
Dune (1965)

 

上の続き。

megureca.hatenablog.com

 

ハルコンネンの追撃を逃れて、砂漠に降り立ったポールとジェシカの運命や、いかに!ってところの続き。

 

本の裏の紹介には、
”ハルコンネン男爵の策謀によってアトレイデス公爵は不慮の死を遂げる。再度、 
アラキスは男爵の手に落ちてしまう。 公爵の世継ぎポールは、巨大な砂蟲が跋扈する危険な砂漠へ母ジェシカと共に逃れ、砂漠の民フレメンの中に身を隠すことになる。しかしこの過酷な環境と香料メランジ の大量摂取が、時間と空間を果てしなく 見通す超常能力をポールにもたらす。彼はフレメンの伝説の救世主ムアディップとして歩み出すことに!”

 

映画で言うところのPART1が、「中」の半分くらいまで。そして、PART2が「中」の後半がほとんど、、、って感じ。

 

いやぁ、面白い。
「上」で、背景がよく理解できたので、「中」は、どんどんフレメンとポールとの関係がわかってきて、入り込んでいく。一気読み。


以下、ネタバレあり。

 

「我、恐れず。
恐怖心は心を殺すもの。
恐怖は全き抹消をもたらす小さな死。
われそ恐怖に立ち向かう」
ベネ・ゲセリットの教えを唱えながら、砂嵐の中をソプターで潜り抜けるポールとジェシカ。

そして、無事に、砂嵐を抜け、砂漠の地にたどり着く。

 

「恐怖心は心を殺すもの。」

という言葉は、ジェシカやポールがピンチに直面するといつも口にする。たしかに、、、恐怖そのものではなく、恐怖心と戦え、、、、ってことか。

 

砂漠では、恐怖の砂蟲に襲われながらも、命からがら逃げのびる二人。二人を生きのびさせてくれたのは、フレメンがつくる保水スーツと、活力剤だった。

そして、とうとう、フレメンの地にたどり着いたポールとジェシカだった。そこで、ポールは、フレメンの長・スティルガーと再会し(一度、アトレイデス一家がアラキスに到着した際に、公爵の館で会っている)、女フレメンのチェイニーとであう。チェイニーは、ポールの世話係となる。映画の中では、ゼンデイヤ・コールマンが演じた、ポールと恋におちるフレメン・チェニ。本の中では、チェイニーは、カインズ博士の娘という設定になっている。そのカインズは、本の中では、「アラキスに草原地帯を確立し、水のあるアラキスにすること」「本当のシロッコを吹かせる」という目標をもって生きていた。しかし、ハルコンネンに追われ、砂漠の中で生き倒れる。カインズは、自分が手塩にかけてきた惑星に殺された。

 

スティルガー(フレメンの長)は、一行と共に、ジェシカとポールをフレメンのあつまる場所へつれていく。
そこには、多くのフレメンがいて集会をひらいていた。そして、ジェシカは、フレメンの中のサイヤディナー(巫女)に呼ばれる。そのとき、ジェシカは、おなかにレト公爵の娘をやどしていた。ポールは母のお腹に妹がいることを、ジェシカのお腹が大きくなる前から予言のように言い当てていた。

 

映画PART2の中では、「命の水」といって、緑の液体を飲んでいたけれど、まさに、「命の水」がでてきて、ジェシカは、フレメンたちのサイヤディナーとなる覚悟を決める。お腹の中の娘にも危険がせまるかもしないことを覚悟しつつ、命の水を口にしたジェシカ。それを手伝ったのは、チェイニーだった。チェイニーもまた、サイヤディナーの資格あり、とされた女だった。

命の水の正体は、砂蟲の液体排出物。

 

砂漠をフレメンと共に移動しながらポールの予知能力はどんどん強くなっていく。そして、世界の変動要素への理解がが深まり、予知に新たな理解をもたらしていく。

 

”そこに介入しているのは、ハイゼンベルク不確定性原理に類するものだ”と。

 

いきなり、ハイゼンベルク不確定性原理がでてきた。ということは、時代設定は、20世紀以降ということらしい・・・・。映画では、〇〇暦、1万???年、みたいな設定だったような。。。。

 

映画と原作では、話が前後しているのだが、やはり原作の中でもポールがジェイミスと決闘をせざるを得なくなるシーンが出てくる。ポールが仲間に加わることを認められないジェイミス(フレメン)が、ポールと決闘する。ポールはチェイニーも渡されたクリスナイフ(砂蟲の歯でできた、聖なる刀)で、ジェイミスと闘い、勝ってしまう・・・。そう、はじめて自分の手で人を殺める・・・。フレメンは、死んだ仲間の身体から水をとり、その水を勝者のものとする習慣があった。砂漠のアラキスでは、水程貴重なものはないのだ。殺めてしまったことで自責の念に駆られて、受け取りを拒んだポールだったが、それは、死者を冒涜することになる、、、と言われて、受け取るポール。ジェイミスの死に、涙するポール。それは、、、砂漠のこの土地にあって、涙というのは、それこそ、貴重な、聖なる贈り物だった。ジェイミスに勝ったポールが受け取ったのは、水だけではなかった。なんと、ジェイミスの妻、子どもも自分のものとしなくてはいけない、、、。ポールは、ジェイミスの妻ハラーを、妻としてではなく、使用人として受け入れることを承諾する。

フレメンの間で、ジェシカは巫女となり、ポールもまた「マフディ―(救世主)」であり、「リサーン・アル・カイブ(外世界からの声)」と期待される。

 

チェイニーとポールは、互いに愛を確かめ合う。

そして、ポールは、ウスール・ムアディップ(フレメンとしての名前)として、フレメンに受け入れられていく。

 

(中)では、おおよそ映画でのAPRT2の終盤まで。というか、話が少し前後している。

 

映画を観た時に、PART2で終わると思っていたのに、えぇぇ!!まだ続くの?!?!って感じだったのだが、(中)では、まだ、映画PART2の先まで行っていない。のこる(下)が、ますます楽しみに・・・・・。