「いきなりはじめる浄土真宗」 内田樹 釈徹宗

インターネット持仏堂 Ⅰ「いきなりはじめる浄土真宗」 内田樹 釈徹宗

2005年3月23日 

本願寺出版

 

内田さんと釈さんとの往復書簡おしゃべりの記録。

 

内田さんは、1950年生まれなので、55歳の時の本。すごい55歳。どれだけのインプットがあると、これほど点と点がつながりまくるのだろう。。。。これだけ、色々なことがつながって考えられると、人生たのしいだろうなぁ、と思う。

私は現在、52歳。今からでも遅くない!いっぱいインプットし続けてみよう。

宗教に関する本は、これまでにも何冊も読んでいるけれども、未だに私にはピンとこない。

この本から、私にとっての宗教とはなんなのか?のヒントがみつかるだろうか?と思いつつ、読んでみた。

 

釈先生のお話。

宗教の形態による分類。

1 制度化・体系化されているもの 

  ⇒ 一般的に宗教と呼ばれるもの。

    キリスト教、仏教、あるいは神道

2 制度化・体系化されていないもの 

  ⇒ ある「行為」や「状態」、さらには「感情」や「思考」など。

    アミニズム、シャーマニズム、タブーや死者儀礼

    共同体における通過儀礼や強化儀礼、怨念と鎮魂、

    様々な共同幻想などなど。「自然宗教」ともを呼ぶ。 

 

宗教が、個人が生きる上での考え方の原理原則、よりどころだとすると、私にとっての一つの宗教は「自然崇拝」かもしれない。

 

一人のサイエンティストとして、テクノロジーでも、サイエンスでも人は救えないことがある、って、知っているから。

自然にはかなわない、と、常に思っている。

そう思うと、日常の些細なことは、本当にどうでもいいほど一瞬の些細なことなのである。

ただ、そう思える思考の原理原則が、「自然崇拝」である必要もない気がする。身近な元聖職者、プロテスタントの友人、かれらも小さな事にはこだわりすぎず、時間軸も含めて大きく物事をとらえる人が多い。

心のよりどころがあるか、ということが問題なのかもしれない。

私は、「アーメン」と祈ることもあるし、「般若心経」を唱えることもあるし、坐禅を組むこともある。一神教の人からすると、とんでもないのかもしれないけれど、私なりの心のよりどころ。ほかの人にも強要したりしないのだから、自分の自由意志なのだから、よいことにしている。

 

内田さん流の解釈、覚書。

「自由であるというのは、一言でいえば、人生のさまざまな分岐点において決断を下すとき、誰の命令にも従わず、自分ひとりで判断し、決定の全責任を一人で負う、ということ。」

まさに!その通り!と思う。

そして、そのような自由を知る人が己の宿命を知ることができる。宿命を知るからこそ、「縁」にたどり着く。

内田さん曰く、「「縁」とは、「自由」の反対概念ではなく「対概念」」。

 

内田さんの表現で言えば、私はまだまだ自由な人間ではない。

でも自由になりたいから、一人を好み、組織から抜けることを選択した。

そして、ご縁があれば、それに従ってみている。

そんなつもりじゃなかったようなことが、意外と楽しかったり、自分に合っていることに気が付いたり、組織から抜けたからこそできた自由な時間で、「ご縁」に身を任せているかもしれない。

身を任せるという選択の判断も、一つの自由。

 

流れに流されるのではなく、流れに乗ってみる。意思をもって。

結構、新しい自由が、新しい世界が、見えてくることがある。

それも、「ご縁」かな。

 

この本を読んだところで、やはり、宗教はよくわからない。

浄土真宗が、制度化・体系化された宗教の一つだとして、私自身が、その中身がどういうものなのかまでは理解しようとしていないからかもしれない。

抽象的な、漠然としたものとしてしか、理解しようとしていないかもしれない。

具体がないと、ずっと抽象、概念のまま。

でも、宗教に具体はないのかな?

 

本書の中で、色々な言葉としての「具体」も出てきた。

ジャック・ラカンエマニュエル・レヴィナス、レヴィストロース、ヒューム。この人たちがでてくるのは、内田さんからの書簡。

レヴィナスを通じたユダヤ教、「アナクロニズム(時間の順逆の転倒)」、「謝る大人」につながるマタイ伝、プリコラージュ、野生の思考、シンクロニティ。「かたじけなさ」

単語として取り出すと、何の本だか?!という気がするけれど、内田さんの頭の中ではこれらの具体が宗教という抽象の中でつながっている。

 

釈先生の書簡から、「啐啄同時」。久しぶりに聞いたな。

 

啐啄同時:

鳥の雛が卵から産まれ出ようとて、殻の中から卵の殻をつついて音をたてた時、それを聞きつけた親鳥がすかさず外からついばんで殻を破る手助けをすること。 これが「啐」と「啄」の関係。 互いが響同=協同し合った時、新しい何かが誕生する。

 

組織を離れた私をご縁がつついてくれているかもしれない。

今こそ、殻をやぶろう。

 

マインドマップを書き直して、もう一度整理してみよう。。。と思う。

 

 

 

 

「アーロン収容所」西欧ヒューマニズムの限界  会田雄次著

「アーロン収容所」西欧ヒューマニズムの限界 会田雄次

1962年第一刷発行、 2016年第92版

2018年1月25日 改版発行

中公新書

 

著者の会田さんは1916年(大正5年)生まれ。1940年京都大学文学部史学科卒業。1943年、ビルマ戦線へ送られ敗戦を迎える。戦後、1年9カ月にわたりビルマのラグーン(現ヤンゴン)のアーロン収容所にて、英軍捕虜として強制労働の日々。その経験が記されたのがこの本。

 

友人のお勧めの一冊だったので読んでみたのだが、人に薦めたくなるような明るい本ではない。でも決して悲惨なまでに暗い本でもない。「激しい怒りとユーモアの見事な結合がここにある」と裏表紙に書かれているのだが、私にとってはそんなにユーモアと思えなかった。やっぱり戦争は戦争だ。

 

戦後の捕虜としての話であるから、当然、無惨の話も沢山出てくる。ただ悲惨な話として記してあるのではなく、捕虜としての生活の中でも、いかにして日本人たちが生き延びてきたのかを、当事者としての視点からつづられている。

確かに、強制労働という悲惨な環境の中でも、いかにして自分たちの生活に楽しみを見出すか、物を手に入れ(盗んで)工夫するか、ユーモアといわばユーモアだけれど、、。経験したいことではない。

 

この本から、私が得たものは?と言えば、やはり戦争はしたくない、という思い。

でも、それぞれの文化の違い、信仰の違い、信念の違いから、、、ひょんなことから、達磨式に広がってしまうのが戦争なのかもしれない、ということ。

「トゥキディスの罠」は、どこにでも潜んでいる。

罠に陥らないためには、何より理性的な判断、相手との価値観の違いを冷静に見極める理性的な判断、という気がする。

「トゥキディスの罠」で、あらゆる紛争は説明できるのかもしれない。

megureca.hatenablog.com



英軍捕虜となった著者としては、イギリスというのは世界が褒め称えるような、近代化・民主主義・言論の自由ヒューマニズムの国ではなく、「イギリス人を全部ここから消してしまったら、世界中がどんなにすっきりするだろう」と思わせる憎しみの対象でしかなかった。かといって、この本の中で、とことんイギリス兵を蔑んでいるわけでもない。そこが、恨み節の本にはなっていない所以かもしれない。

 

会田さんの考察でなるほど、と思ったのが、屠畜と飼育。

イギリス兵が、倒れているビルマ人に対して「finish」と言って何もしようとしない。屍体に対してですら残虐に慣れるのは、屠畜に慣れているからだと、彼は言う。

「日本人は食料として家畜を飼うことはしていなかった。中国人・ビルマ人、特にヨーロッパ人はそれに慣れているのである。」 

確かに、昭和初期の日本は、今の生活ほど肉食ではなかっただろうし、食べるために家畜を飼うというよりは、家族の一員のように家畜を飼っていたのかもしれない。80歳以上の方で、今でも鶏は食べられない、なぜなら、子供の時に裏庭で絞めて食べていた記憶が、、、という話は聞くけど。

牛や羊を屠畜して食べる、という習慣は、確かに日本の一般の家庭ではなかっただろう。。。

屠畜に慣れていないというのは、すなわち、亡骸を見ることにも慣れていない。。。

 

イギリス兵や、インド兵を見て、彼らの責任感に関する考察をしている。会田さんが引用している文章が興味深い。

「インド人の心はまず自然を憎むこと、それから脱却を発出発点として成長する。日本人の心は自然崇拝と自然への帰依に終始する。ヨーロッパ人は自然と友達になり、時には自然を支配しようとする方向に発展する」

 

日本のこころの源流には、やはり、自然崇拝があるのだろうか。

 

なんとなく、この自然に対する態度は、今現在のコロナ禍での対応にもつながっているような気がしなくもない。インド、日本、ヨーロッパ、それぞれに対応が異なっている源流が、自然に対する態度からするのだとすると、ちょっと面白い。

今のインドの状況は、自然を憎んでいるに違いない。。。

 

なんだか、不思議な本だった。

 

結局、彼は生きて日本に帰ってきたわけで、その生命力のたくましさがつづられているかというとそうでもない。生きる勇気が湧く、、、というタイプの本でもない。

 

ただ、会田さんが生きて帰国しなければ、この本を私が読むことも無かった。

 

やはり、一人の人が、たくましく生きた証なのかもしれない。

だから、2021年の今なお、読み継がれるのだろう。

 

人に薦めたくなる本ではないと冒頭に書いたけど、うん、一度読んでみるといいかもしれない。

でも、楽しい本ではないので、ワクワクは期待しないでね。

 

今、平和であることに感謝しよう。

 

「米中戦争前夜」 by グレアム・アリソン

「米中戦争前夜」 by グレアム・アリソン

原朝子訳、船橋洋一 日本語序文

2017年11月1日 第一刷発行 ダイヤモンド社

 

なかなかのボリュームの本だった。

物理的なボリュームもだけど、中身として。

歴史をちゃんと勉強していない私には、とても分かりやすい近代の歴史参考書にもなりそうだ。

 

友人に借りて読んだ。

そして、読み終わった後、国も個人も、自分に内在する課題と向き合う事の重要性を心に刻むべし、と思った。

 

米中問題を読んで、「自己責任」という言葉の意味まで思考が飛んでしまった。

ま、いっか。

 

中国に関する本、複数読んでいると、だんだん、点と点がつながる。

隣の国だけど、やはり、遠い国のように思う。

彼らの時間感覚を、ちょっと恐ろしくも思う。

 

アリソンさんは、「決定の本質」という著書のある方。私はまだ読んだことがない。キューバ危機をどう回避したか、という話。

 

戦争が始まるきっかけについて、「トゥキディスの罠」という言い方をしている。

台頭する新興国(ここでは中国)と脅かされた覇権国(ここではアメリカ)との間に生じる巨大な構造的ストレスが、ちょっとした小さな衝突をきっかけに、戦争に発展してしまう罠。本当は、どちらも戦争によって得られるのは、自国戦力の破壊になる可能性を知っているのに。止めようがなくなる。。。

でも、歴史的には、戦争を回避できた事例もある。キューバ危機はその一つだ。ケネディフルシチョフのギリギリでの理性的判断によって、戦争は回避されたといえるのだ。

 

キューバ危機での不朽の教訓は、

「何よりも、核保有国は自らの重大な利益を守りつつ、敵に屈辱的な撤退か核戦争かの選択を強いるような対立を避けねばならない」という事。

 

本著の結論では、キューバ危機の時のケネディにならい、戦争を回避するために必要なことが述べられている。

1 重大な利益を明確にする (重要なことと目につきやすいことは違う)

2 中国の行動の意図を理解する(中国は本気で世界制覇をねらっている)

3 戦略を練る

4 国内の問題を課題の中心に据える

 

国内の問題を課題の中心に据える。まさに、自分自身の問題を課題の中心に据える、と読み替えることができる。

 

国の外交は、個人でいえば、個人と個人、あるいは個人と社会とのコミュニケーション。

社会としての課題に向きあうというのは、すなわち、自分の中の課題と向き合うという事で、自分のことを棚上げして社会問題は語れない。

 

環境問題、教育問題、社会保障費、、、、数々の一般メディアで掲げられる課題に対して、第三者的な評論をするのではなく、自分自身がどう向きあえているかを考えることが民主主義への参加、最初の一歩だと思う。

かといって、自分の行いが満点であるわけもないことも、肝に銘じる。

満点なんて、世の中にはない。

誰もが賛成する政策がないように。

 

「自己責任」ということば、肯定的にも否定的にもとらえることができるけれど、ここでは、肯定的な意味で、「自己責任」について、頭の整理をしておきたい。

 

人に対して、「責任は私がとります」と言える大人。内田樹さんがよくそのように表現されている。なかなかいないけれど、私自身は、自分に対する責任は自分で取りたいと思う。

だから、

自分の人生は、自分で考えて、自分で決めたい。

 

米中戦争にならないことを祈りつつ、自分の人生も戦争に巻き込まれないように、自分が社会に貢献できることを、ちょっとだけでもやってみよう。

トゥキディスの罠に陥らない限り、ちょっとの失敗なら、やり直せばいい。

そう、あきらめないかぎり、私の辞書に「失敗」はない。

 

 

 

 

 

「アジア辺境論」 これが日本の生きる道 by 内田樹 姜尚中

「アジア辺境論」 これが日本の生きる道  内田樹さんと姜尚中の共著。

集英社新書 2017年8月24日

 

内田さんの頭の中を垣間見ることができて、面白かった。

 

トランプ政権誕生後の本。

かつ、コロナ前。

 

内田さんと姜さん、二人が、個人として、想起したアジアの未来についての一つの試案と。「日韓台」の連携はできないものか、とのメッセージ。

 

具体的メッセージの中身は、著書を読んでいただければよいのだけれど。。

個人的に共感する言葉があちこちに、でてきた。書き留めておこうと思う。

 

内田さんが考える、国家の大切な指標2つ。

1.「失敗から立ち直るときの復元力」

アメリカは、この力が強いから、トランプが失敗しようと災害をもたらそうと、その被害を最小にできる力がある。司法、議会、FBI、州政府。共和制が機能しているから、トランプ独裁のようで独裁ではない。

さて、日本は?

自分に立法の権力もあると思っている行政はないだろうか???

国会中に議員の居眠りを報道するTV局は、立法の無力を知らしめて独裁しようとする行政に加担していないか???

という、二人の問いかけ。考えさせられる。

 

2.「未来に向けて広々とした日向的ヴィジョンを提示できる力」

変化に対する感度のよさ、イノベーションの力、変わっていく道筋を示す力。

 

どちらも、言葉にすると、わかりやすい。

復元力、変化対応力。

どちらも、現状維持ではなく、現状打破の変化力が求められているという事と理解した。

うん、うん、そう思う。

ちょうど、先日、友人が口にしていた「現状打破」。

私も、「現状維持」ではなく、「現状打破」のために、頑張ろうと思う。

 

「自由」と「機動性」について、内田さんの言葉も、胸が痛い。

様々な分野でグローバル化が進む中、「機動性」があることを「自由」であることと、はき違えていないだろうか?

「いつでもどこにでも行ける機動力」と、「自由であること」は、違う。

でも、「機動性」があることが過大評価されていないだろうか?という、問。

していると思う。

「グローバル人財」として、出向でも出張でも、いつでもどこでも飛び回れます、という人財は、企業の中で優遇されている。評価されている。

私自身も、グローバルに仕事することで評価されて、ドメスティックに活躍するよりも、自分の価値が高いような気がしていた。

とんだ、勘違い。

私の代わりは、いくらでもいる。

あなたじゃなきゃ、と言われる人は、同じところで何かを継続している人。

あぁ、勘違い。

そして、コロナのせいで、ますます、「今、ここで」が、重要になっている気がする。

今、ここで、立ち止まって、よく考えようと思う。

 

辺境論。

広辞苑によると、

「辺境」: 中央から遠く離れた国境。また、その地。辺界。

 

日本は辺境地だからこそ、外来のものを取り込むのが得意。取り込んで、自国の言葉でアーカイブする。だから、日本語を学ぶと、学べる分野は大きく広がる。

たしかに、タイで仕事をしていた時、タイ人がタイ語で学べる参考書の少なさを知って、日本語のありがたさを感じた。

日本語が母国語でよかった。

 

話は飛ぶが、2021年5月2日の日経新聞朝刊、「春秋」に、沢村貞子さんの「献立日記」の話が出てきて、そこに、「茨木のり子の献立帖」もでていた。

漢字だからこそ、「茨木のり子」の文字が、目に入ってきた。

「隣の国のことばですもの」を読んでいなかったら、ベッドの中でななめ読みしている新聞から、「茨木のり子」の文字が目にはいることもなかっただろう。

韓国と日本。

まったく、関係のない話だけど、韓国を思い起こす言葉が、ここにもあった。

 

点と点がつながるって、楽しい。

辺境と辺境がつながっても、楽しいことが起こるかもしれない。

人と人がつながっても、楽しいことが起きる。

ウイルス感染ではなく、楽しいことを感染させよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大死一番 大活現成

大死一番 大活現成

だいしいちばん だいかつぜんじょう

 

はて?

4月の坐禅会の後の今日のひとこと。

説明いただいたのだけど、よくわからなかった。

 

死ぬほど頑張ってみろ、ってこと?みたいだ。

 

何かを成したいのなら、まず、死ぬほど本気で取り組んでみろ。そしたら、成したと思える境地にたどり着けるかもしれない、ってこと。

と、自分は理解した。

 

趙州、投子に問う。「大死底の人、却って活する時如何」

投子云く、「夜行を許さず。明に投じて須く到るべし」

『碧巌録』第41則

 

趙州の問

死にきった時に初めて、生き返ったかのように自由自在のはたらきが現れるのは何故か」

投子の返答

「夜間に目的地へ行くのではなく、夜が明けてから出発しなさい」

 

わかるような、わからないような。

 

コロナで緊急事態宣言が出された中、今年もゴールデンウィークはやってきた。

2020年とやっていることは変わらない気がするけど、

自分として1年間、何かに死ぬほど頑張って取り組んできただろうか?

なにかやり遂げた感がないままに、1年がたってしまったことを、コロナのせいにしているような気がして、ちょっと、自分に気まずい・・・。

 

連休先取りで、死ぬほど頑張っている友人に会ってきた。

だから、自分の頑張りの足りなさをひしひしと感じているのかもしれない。

医療従事者でなくても、命を守るために働いているひとは、たくさんいる。

私にできるのは、自分自身を守ること。

そして、自分を守れない気持ちになっている人が、自分を許す気持ちになれるように、とことん吐き出してもらう事。

私にできることだったら、なんでもするから。

自分の中に、ため込まないでね。

 

5月。

皐月。

 

4月の新年度のスタートダッシュはきれなかったけど、

皐月からの心機一転。

大死一番、まずは、死ぬほど頑張ってみよう。

人の力になりたいと思いながらも、自分が人に助けられている。

 

できなかった、自分を許すのも大事。

 

命に感謝。

ありがとうね。

今日も、晴天なり。

 

 

 

 

 

「かなしみ」  石垣りん

北村薫さんの「詩歌の待ち伏せ」を思い出し、石垣りんさんの詩で、じーーんとしたものを覚書。

 

「かなしみ」  石垣りん

 

私は六十五歳です。

このあいだ転んで

右の手首を骨折しました。

なおっても元のようにはならないと

病院で言われ

腕をさすって泣きました。

『お父さん お母さん ごめんなさい』

二人ともとっくに死んでいませんが

二人にもらった体です。

いまも私はこどもです。

おばあさんではありません。

 

 

 

読んだときに、涙が出た。

65歳の時の詩だそうだ。

わかる。

介護が必要になっても、親は親で、私は子供。

からだを大事にしようと思う。

 

生きているものは、必ずいつか死ぬ。

じたばたしても、じっとしても、、

その日はいつか来る。

それまで、大切に使わないとね。

親からもらったからだ。

 

見てくれだけじゃなく、中身も。

内蔵も、脳みそも。

たまには、いたわろう。

 

「サハラに死す」上温湯隆の一生 

「サハラに死す」上温湯隆の一生  長尾三郎 編

講談社文庫

1987年7月15日 第一刷発行

 

東西7000キロのサハラ砂漠を、ラクダとともに単身で横断しようと挑んだ上温湯(かみおんゆ)青年の話。残念ながら、その夢はかなわなかった。遊牧民に死体として発見されて、その22年の人生の幕を閉じた。

そんな、実話。

 

知人が、この本に影響されて若いときに1年ブラジルで暮らした、と言っていたので、読んでみた。

 

冒険の旅は、好きだ。

でも、これは、あまりにも、無茶だ。と、私は思った。

青年よ、命を大切にしてくれ!

やっぱり、生還した冒険の話なら元気が出るけど、道半ばで途絶えた冒険の話は、読み終わった後に、なにか、しこりが残る。

若いときに読んだら、自分なら成功させる!とか、思うのだろうか?

でも、知り合いも、この本に影響はされたけど、サハラ砂漠は死ぬと思ってブラジルにした、と言っていた。

 

引き返す勇気。

想定外のことが起こるのが人生。

うまくいっているときほど、謙虚になろう。

そんなことを思った。

 

読んでいてい、頭に残った、2つ、余談。

 

購入するラクダを選ぶ時の、目利きのおじさんのことば。

「上門歯がない。これはだめだ」

まえに、米原万里さんの本を読んでいた時に、友達が彼女に向って、「いい男を見分けるには、歯並びを見るのよ」といったようなことを語った話がでてきた。

人間も、ラクダも、歯が命?!?!

でも、確かに、健康なら歯はちゃんとしていそうだ。

 

もう一つ。

彼の日記の出てきた言葉。

「まろぶ」

ラクダのサーハビー(アラビア語で「わが友よ」という意味)とサハラの砂漠の中で、食料と水は尽き、これ以上前進するべきか、道が明らか元の場所へ戻るべきか。

上温湯青年は、友人に言われた「無謀な前進をするな」の言葉を思い出して、引き返す選択をする。

そして、丘を越えて目に入ったテント。遊牧民たちのテント。

「僕は、まろぶようにして サーハビーと一番近くのテントに駆け込んだ。」

3日と5時間の絶食の後、ようやく食事にありつく。。。

 

青年の日記に「まろぶ」と書いてあったのか、編集した長尾さんが「まろぶ」という言葉を使ったのかはわからないけど、「まろぶ」って、最近はあまり聞かない言葉の気がした。

 

「まろぶ」

転ぶ。ころがる。ころぶ。倒れる。

 

人生、どう、まろぶかわからない。

でも、健康だけは常に大事にしよう。

そう、歯を大切にしよう。